スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンデエルブ

先ずは”シャンデエルブ” Le Dhamp des Herbes という名前の説明からです。
”ハーブの畑”という意味。(”シャン”は畑、”エルブ”はハーブ。)
仕事の屋号を何にしようかと考えたときに、
”ハーブガーデン”では、ありふれている。
フランス語にして、”ジャルダン・デ・エルブ”では、安直すぎるし、濁音が入るのが嫌たった。
”フェルメ(ferme)ド何とか”もおかしい。
そこで、行き当たったのが、”シャン(champ)”畑という単語。
それで、シャンデエルブ という、屋号のできあがり。
パリの”シャンゼリゼ通り”とも響きは似ているし、
”オー・シャンデエルブ”という、歌もできてしまう。
余談ですが、
”champ(ion)”は英語で、選手とかチャンピオン、
”シャン”という音は、中国語で”香”、
日本語では、”しゃんとした”とか、”しゃんとせな”とか言うでしょう。
そんな色々な意味のこもった”シャンデエルブ”、
こんな凝った名前だれも考えないだろうと思っていたら、
似た名前が出てきたので、商標登録することになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シャンデエルブ

Author:シャンデエルブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。