スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガイモ(2)

じゃがいもの植え方。

掘り残したジャガイモが、秋もしくは春に芽が出ていたという経験はありませんか。
自然な状態にある丸いジャガイモは、どの部分から新芽が伸びるのでしょうか?
草引きをしていて、堀り残したジャガイモを見つけて、見たことがあります。
そしたら、必ず下の部分の芽がUの字に曲がって出ています。

たとえば、畑に落ちている石を拾って見てみると、下になっていた部分は湿っています。
ジャガイモの芋も、下になっている部分の方が、湿り気や温度が安定しています。
上になっている部分は、乾きやすく、また暑さ寒さなど過酷な影響も受けやすいのです。
だから、下の部分の芽が伸びてきます。

では、ジャガイモのタネ芋はどのように植えたらよいかわかると思います。
最近では、逆さ植えを勧める園芸書も増えてきました。
芽の出る部分を下に向けて植えます。
切り分けて植える場合は、切り口が上になります。
切り口が上になることで、切り口が乾きやすく、腐ることも少なくなります。
芋を切り分けて、すぐに植えることも可能かもしれません。

逆さ植えをすることで、
今まで常識的にできないとされていたことも、できるようになります。
「夏にジャガイモを植えるときは、腐るので、絶対に切り分けて植えてはいけない、丸い芋のまま植えなさい。」
といわれています。
従来どうりの、芽を上にする植え方で、切り分けた芋を植え付けた場合、
地表付近は温度が高く乾き気味になり、芽の生長が妨げられます。
また、下の切り口部分では、湿り気味になり、虫が集まりやすく、腐りやすくなります。
だから、夏植えでは、切り分けて植えるといけないと考えられると思われます。
丸い芋のまま植えると、下になった芽が伸びて生長すると思われます。

夏にジャガイモを切り分けて、逆さ植えにした場合、
下の芽の部分は、湿り気が安定していて、暑さの影響も受けにくい。
切り口は乾き気味になり、腐りにくい。
芋の下の部分に虫が集まっても芋の皮があり、
新芽や皮(日光に当てておく)は、毒成分があり虫に食われにくい。
以上のような理由で、夏植えでも、切り分けができると思います。

余談ですが、
タネ芋を植え付ける野菜はたくさんあります。
生長点のある位置を考えてみると、
1、表面に生長点のあるもの(毎年新しい芋ができるもの)。
ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ
2、生長点が芋(球根)の中にあるもの。
ラッキョウ、ニンニクなどのユリ科
3、生長点が表面にあるが、毎年古い芋が大きくなっていくもの。
コンニャク

1、の「生長点が表面にあり、毎年新しい芋ができるもの」に関しては、
逆さ植えができるます。
サトイモも逆さ植えを勧めます。
2、3、のものは、逆さ植えはしない方がいいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シャンデエルブ

Author:シャンデエルブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。