スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タネは家族であること

野菜や作物は、いつも私たちの生活に寄り添ってきた。
昔からそうだった。
毎年、春になれば(種まきの季節になれば)、
タネをまき、芽を出し、
「こんにちは、また会えたね!」
育って、花を咲かせ、
「おやすみ」と、またタネを採る。
姿・形は季節ごとに変わっても、
いつも一緒にいるもの。
私のタネはほとんどが家族。

世間一般では、
多くのタネが旅人またはお客さん。
春にタネを買い、
収穫と共に去っていく。
だから、野菜は居心地がわるいんだろうな!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シャンデエルブ

Author:シャンデエルブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。